m.先天性疾患

2017年6月 1日 木曜日

門脈体循環シャント(右胃静脈-後大静脈シャント) ♦外科疾患・先天性疾患♦

手術前のCT画像。門脈から後大静脈へと短絡する異常な血管が認められます。
シャント血管の結紮後の術中レントゲン写真。異常な血管は描出されず、肝臓内の血管が明瞭化。
シャント血管の術中写真。この血管を分離し、結紮。

 
 門脈体循環シャント(門脈シャント)は、通常消化管からの血流は門脈を通って肝臓へと走行しその後心臓へと向かい全身へと流れる血液が、
門脈から肝臓を迂回して全身循環へと短絡してしまう異常な血管(シャント血管)が存在することで、種々の症状を引き起こす疾患です。

門脈シャントには先天性と後天性とがあり、先天性の場合には手術によって治療を行います。

手術はこのシャント血管を結紮することが目的ですが、シャント血管を結紮した後の門脈の圧力によっては、数回にわたって手術をしなければならない場合もあります。

また、術後に発作などの神経症状を呈することがあるため、術後も注意が必要です。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院


投稿者 エアリーズ動物病院

エアリーズ動物病院 Arices Animal Hospital ホームページを見たとお伝えください 044-276-8968 〒212-0004神奈川県川崎市幸区小向西町4丁目125 月・火・木・金・土 9:00~12:00 16:00~19:00 日・祝 9:00~12:00 ※水曜日午前は予約診療です ※休診日:水曜午後・日曜午後・祝日午後 ※学会・セミナーなどにより臨時休診とさせていただく場合があります