院長コラム

2016年5月30日 月曜日

皮膚肥満細胞腫 ♦腫瘍性疾患♦

image1 image2

  皮膚肥満細胞腫は皮膚にできる腫瘍であり、上の写真のように丘疹のようにみえたり、あたかも脂肪腫のようにみえたり様々な形態をとります。

細胞診の検査をすると、右の写真のような顆粒をもった肥満細胞が多数認められます(顆粒をがみられない場合もあります)。

 肥満細胞腫は悪性の腫瘍であり、予後はそのグレードやステージによって異なります。

治療は多くの場合、外科的に摘出することで治療しますが、マージン(腫瘍の周囲)を大きく取らなければなりません。

 肥満細胞腫の話をすると「うちの子太っているからできたのですか?」とよく質問を受けますが、体型とは無関係であり、痩せている子も罹患します。


 川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院


投稿者 エアリーズ動物病院

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
エアリーズ動物病院 Arices Animal Hospital ホームページを見たとお伝えください 044-276-8968 〒212-0004神奈川県川崎市幸区小向西町4丁目125 月・火・木・金・土 9:00~12:00 16:00~19:00 日・祝 9:00~12:00 ※水曜日午前は予約診療です ※休診日:水曜午後・日曜午後・祝日午後 ※学会・セミナーなどにより臨時休診とさせていただく場合があります