院長ブログ

2018.07.24更新

血管肉腫1血管肉腫2

  写真は脾臓にできた大きな腫瘤です。病理検査の結果、血管肉腫でした。一般的に血管肉腫は悪性度が高く、転移率も高いとされています。

発見時には既に転移している場合も多く、術後に抗がん剤を併用する場合もありますが非常に注意が必要な腫瘍です。脾臓で多く認められますが、

皮膚、筋肉、肝臓などの他の臓器にも発生することがあります。

 

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2018.07.22更新

永久気管1永久気管2

 咽頭や喉頭などを閉塞する腫瘤による気道の閉塞や重度の喉頭麻痺などによる上部気道障害に際には気道を確保するために

気管を切開しなければならないことがあります。

気管切開には上の写真のように気管を露出し、気管に穴を空けて永久的にそこから呼吸をさせる永久気管孔と一時的に気管を切開して

気管チューブを挿入して呼吸を管理する方法などがあります。

 

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

 

 

投稿者: エアリーズ動物病院

2017.04.13更新




右後肢の第5趾の内側に腫瘤が認められます。
手術後。
右後肢第5趾とともに腫瘤を摘出しました。


 
 細胞診の結果から軟部組織肉腫が疑われたため、右後肢第5趾の断趾術を行い腫瘤を摘出しました。
病理組織検査の結果、血管周皮腫でした。この腫瘍は軟部組織肉腫の一つで、術後にも局所再発が起こることが多く経過を注意してみてく必要があります。
好発部位は四肢に出来やすく、発生部位によっては断脚術をしなければならないこともあります。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.07.21更新

尿管閉塞のため、太く拡張した尿管
尿管切開後に尿管から漏出した膿
転移した尿管


 
 腎盂腎炎の記事に記載しましたが、尿管に多量の膿が溜まってしまうと尿管の閉塞を引き起こしてしまうことがあります。

そのような場合には腎臓にも負担がかかってしまうために、尿管から膿を排泄する必要があります。

 写真の症例は尿管から膿を排泄させても尿管の膀胱への開口部が閉塞してしまっており、尿路の閉塞を解除できなかったため、
尿管を切断し、他の部位に尿管を転移しました。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.05.30更新

image1 image2

  皮膚肥満細胞腫は皮膚にできる腫瘍であり、上の写真のように丘疹のようにみえたり、あたかも脂肪腫のようにみえたり様々な形態をとります。

細胞診の検査をすると、右の写真のような顆粒をもった肥満細胞が多数認められます(顆粒をがみられない場合もあります)。

 肥満細胞腫は悪性の腫瘍であり、予後はそのグレードやステージによって異なります。

治療は多くの場合、外科的に摘出することで治療しますが、マージン(腫瘍の周囲)を大きく取らなければなりません。

 肥満細胞腫の話をすると「うちの子太っているからできたのですか?」とよく質問を受けますが、体型とは無関係であり、痩せている子も罹患します。


 川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.04.26更新

image1 image2

 写真はネコの外耳を写したものですが、耳の中に多数のボツボツがみられます。
これは炎症を伴った耳垢腺が拡張したものです。

これらの病変が外耳全体にみられる場合には耳垢腺の導管が閉塞することで腫瘤状の病変が多数に認められるようになることがあるようです。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院


 

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.04.22更新

 火傷はヒーターやストーブなどの暖房器具、化学薬品、熱湯をかぶってしまうことなどによって起こり、重度になると命にも関わります。

火傷は面積や傷害の深さによって重症度が変わりますが、軽度にみえる場合にも時間が経つにつれて患部が傷害されていた部位が表面化し、当初より広範囲に病変が認められるようになることも多くあります。

 ホットカーペットや電気毛布などでも低温火傷を起こすことがありますので注意が必要です。

 また、夏になると高温になったアスファルトで足裏を火傷してしまう場合もありますので気をつけましょう。


川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.03.18更新

image1 image2

 結石などによる尿道閉塞を繰り返してしまう場合には会陰尿道造瘻術を行うことがあります。
この手術は左の写真のように会陰部(肛門下あたり)を切開し陰茎を引き出します。
その後、尿道を切開して尿道を広げます。
この手術をすると尿道閉塞は起こりにくくなりますが、下部尿路疾患(膀胱炎や尿路結石など)の管理・治療は継続する必要があります。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院




 

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.10.30更新

image1 image2

 腫瘍の切除後や外傷などで皮膚の大きく欠損した部位に他の部位の皮膚を血管ごと移植する方法です。

皮弁を形成する際にはその血流を阻害しないように栄養血管を温存することが重要になります。

どのような皮弁を形成して皮膚の欠損部を覆うかは、欠損部位や大きさによって検討します。


 

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.09.04更新

ベンガルのルディちゃんとスコティッシュのビビちゃんがお泊りに来てくれました^^

おねえちゃんのルディちゃんは初めは緊張気味でしたがすぐに心を開いくてました。

下の子のビビちゃんは・・・最初から全開に心をオープン!

猫ちゃんは環境が変わると緊張して食がすすまない子が多いのですが、二人共よく食べていい子ちゃんでした♪

ご飯をみつめる顔が真剣!

ルディちゃんとおもちゃで遊んでいると・・・

下のお部屋のビビちゃんが興味津々!

おもちゃを捕獲しゴロゴロが止まりません!

おもちゃハンタービビちゃんでした^^

投稿者: エアリーズ動物病院

前へ

動物たちとご家族様がより楽しく幸せに暮らせるように

病気や予防での来院以外の時もお気軽に病院にお立ち寄りください

  • 044-276-8968.png
staff staff blog