院長ブログ

2016.09.30更新

 写真は去勢手術により摘出した左右のイヌの精巣です。

肉眼的にも左右の精巣は異なってみえますが、片側に間細胞腫という腫瘍が認められました。

この腫瘍は良性腫瘍として発生することが多く、無症状で病理検査で発見される場合も少なくありません。

精巣にできる腫瘍の中には転移したり、骨髄抑制などの合併症を引き起こしたりするものもありますので、精巣の形態に変化、触感に左右差がある場合には去勢をお勧めします。

また、潜在精巣(陰睾)の場合には腫瘍化しやすいとされているため、このような場合にも去勢手術をお勧めします。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.09.30更新


image1

image2

 右の写真には肛門の周囲に存在する巨大な腫瘤が認められます。

肛門の周囲には肝様腺腫(肛門周囲腺腫)などの良性の腫瘍も多くみられますが、この腫瘤は病理検査の結果「肛門周囲腺癌」と呼ばれる悪性の腫瘍でした。

良性の肝様腺腫は男性ホルモンの影響を受けるため、未去勢雄に多くみられますが、肛門周囲腺癌はホルモンとは無関係に増殖するとされています。

領域のリンパ節への転移が起こることもあり、また大きくなると切除が困難となる場合もあるため、早期の治療が大切です。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院


 

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.09.06更新

 移行上皮癌はイヌやネコの膀胱にできる腫瘍の中で一番多いとされる悪性の腫瘍です。

転移や再発することも多く、早期発見、治療が重要となります。症状としては頻尿や血尿、排尿障害など膀胱炎と類似しているために発見が遅れてしまうこともあります。

写真は「膀胱破裂の症例」でご紹介した症例の膀胱ですが、膀胱頚部から膀胱への尿管開口部にも腫瘍が浸潤しており、膀胱を全摘出しました。

移行上皮癌は膀胱だけでなく、尿管や尿道などにも発生することがあります。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.08.16更新

 膀胱は外傷や腫瘍、尿路閉塞の影響によって破裂してしまうことがあります。
膀胱破裂が起こるとおなかの中に尿が漏出し、放置すると命に関わってしまいます。
緊急的に処置しないと死亡してしまうケースもあり、、診断後速やかに手術を行う必要が多い疾患です。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.07.05更新

image1 image2

 左の写真は尿管の閉塞により大きく腫大し、変色した腎臓です。

腎切開を行ったところ、腎盂は拡張しその中には多量の膿がたまっていました(右は腎切開し、膿を排泄させたあとの写真です。まだ腎盂内に少量の膿が残っています)。

腎盂腎炎は細菌などが腎盂で繁殖することで起こる病気で、多くの場合は抗生物質などで治療を行いますが、何らかの原因で尿管が閉塞してしまい水腎症を伴う場合には外科的な治療が必要となることがあります。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院





 

 

投稿者: エアリーズ動物病院

2016.05.09更新

image1 image2

 潜在精巣(陰睾)は陰嚢内に下降するはずの精巣が腹腔内や鼠径部などの皮下に留まってしまう疾患です。
片側の場合だけでなく、両側ともに精巣が下降してしていない場合もあります。イヌでよくみられる疾患ですがネコでも認められます。
写真の症例もネコであり、この子は腹腔内に精巣が存在していました。

川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区の動物病院
エアリーズ動物病院


 

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.11.24更新

 写真は摘出した子宮を切開したところですが、子宮内に多数のポリープが認めれらます。

このポリープは子宮に存在する腺組織や間質の過形成とされ、悪性のものではありません。

ホルモンによる変化と考えられるため、避妊していない場合に起こることがあり、避妊手術の時に発見される場合もあります。

 川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区 動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.08.31更新

image1 image2

 左のレントゲン画像では膀胱内に結石が認められます。

膀胱結石は種類によっては食事療法で溶解できるものもありますが、溶解できない種類の場合には手術による摘出が必要になることもあります。

頻尿や血尿などの膀胱炎の症状がみられる場合には結石や結晶が形成されている場合があるので注意してください。
 


 川崎市幸区 矢向/鹿島田/新川崎エリアの動物病院エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.07.24更新

image1 image2

 子宮に液体が溜まり、拡張しています。
子宮水腫は卵巣のホルモンの影響で起こる病気のひとつで、無症状の症例も多くみられます。
多量の液体貯留が起こると腹部膨満、食欲不振がみられることもあります。
一方、水ではなく膿が溜まる子宮蓄膿症は早期の治療が必要になる疾患ですので、注意が必要です。


 川崎市幸区 矢向/鹿島田/新川崎エリアの動物病院エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

2015.05.19更新

 外陰部からポリープ状の腫瘤が突出しています。
この膣ポリープは避妊していない子に多くみられます。
多発する、炎症を伴う場合などには手術を行って摘出しますが、性ホルモンと関連していると考えられるため、避妊手術も同時に行うことが多いです。
こうすることで再発のリスクも軽減することができます。

川崎市幸区 矢向/鹿島田/新川崎エリアの動物病院
エアリーズ動物病院

投稿者: エアリーズ動物病院

前へ

動物たちとご家族様がより楽しく幸せに暮らせるように

病気や予防での来院以外の時もお気軽に病院にお立ち寄りください

  • 044-276-8968.png
staff staff blog