b.消化器

2016年1月29日 金曜日

会陰ヘルニア ♦消化器疾患♦

image1 image2

左は会陰ヘルニアに罹患した犬に対して直腸検査を行っている写真です
右は手術後の写真です。

肛門周囲の会陰部と呼ばれる部位の筋肉の萎縮により、直腸が支持することができないため直腸が肛門横にポケット状に出てしまっています。

この疾患は中高齢のオス犬に多く認められ、男性ホルモンがの影響が一因と考えられています。

治療は外科手術より弱くなった骨盤隔壁を再建することが必要となります。

萎縮した筋肉の間からは直腸だけでなく、他の腹腔内臓器が脱出する場合もあり、特に膀胱が反転し尿路閉塞を引き起こした場合には緊急を要します。

中高齢のオスのワンちゃんで排便困難や肛門横が膨れている場合にはこの疾患に罹患している可能性があります。


 川崎市幸区・中原区・川崎区/横浜市鶴見区/大田区 動物病院

投稿者 エアリーズ動物病院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
エアリーズ動物病院 Arices Animal Hospital ホームページを見たとお伝えください 044-276-8968 〒212-0004神奈川県川崎市幸区小向西町4丁目125 月・火・木・金・土 9:00~12:00 16:00~19:00 日・祝 9:00~12:00 ※水曜日午前は予約診療です ※休診日:水曜午後・日曜午後・祝日午後 ※学会・セミナーなどにより臨時休診とさせていただく場合があります